ドキュネットBBS

24744
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - テスト62

2017/05/31 (Wed) 22:35:09

テスト62

はじめまして。 - S

2012/02/14 (Tue) 18:47:42

こんにちは。私は速記やキーボード入力に関心を持ち、研究及び入力法の開発などを趣味として行っているものです。

この度はこのホームページにたどりつきまして、記事を読ませていただきました。感想ですが、あぁこのように活動されている方がいらっしゃるんだと、何か懐かしく(存じ上げませんのに)、ほっとした温かいものを感じております。

掲示板の内容削除はもったいないです。速記道楽さんのホームページように保管庫など作られて、そこに置かれたらうれしいです。

私は速記科学研究会や速記懇談会に出入りして研修させていただいておりますが、rooksnakeさんはご存知でしょうか。もしかして常連の方だったりして何か野暮な質問かもしれません。失礼の段はお許しください。

これからの記事を楽しみにしております。では。

予告02 - rooksnake

2011/04/05 (Tue) 02:39:04

(※ 近日中ウェブサイト全面改変予定。掲示板内容も全面削除予定。)

「やまぶき」VS「Q's Nicolatter」VS「親指の友」 - rooksnake

2010/01/11 (Mon) 13:19:22

「やまぶき」VS「Q's Nicolatter」VS「親指の友」

前提:
(「やまぶき」VS「Q's Nicolatter」)
OS→Windows XP Home
キーボードドライバ→日本語 PS/2 キーボード(Ctrl+英数)
IME→MS-IME 2000
エディタ→サクラエディタ、MS-WORD、Outlook Express、FirefoxでのGoogle検索ボックス

個人的感想:
・「親指の友」はすべてのエディタで最速であった。ただし、私のPCではVistaにインストールできなかった。速度に関して「やまぶき」VS「Q's Nicolatter」で顕著な差はなかった。インターネットの画面では「Q's Nicolatter」のほうが若干速いようである。両方ともVistaにインストールできるかどうかは不明。
・キーカスタマイズに関しては「Q's Nicolatter」が断然まさる。「やまぶき」は「yab」ファイルを開くことができればカスタマイズできるらしいが、今のところ不明。
・「やまぶき」は記号・句読点の表示について親指シフトのままのようである。
・キーボードドライバを「親指の友」にするとエディタのカーソル移動速度が急激に上がる。
・キーボードドライバを「日本語 PS/2 キーボード(Ctrl+英数)」にすれば、Win XP + MS-IME 2000 + Q's Nicolatter で十分使える。

「やまぶき」VS「Q's Nicolatter」VS「親指の友」その2 - rooksnake

2010/01/11 (Mon) 13:20:37

●「やまぶき」打鍵時の表示
英単 _ 英シフ _ 単独 _ 左シフト _ 右シフト
1 ______ ! ______ 1 ______ ? ______ ?
2 ______ " ______ 2 ______ / ______ /
3 ______ # ______ 3 ______ ~ ______ ~
4 ______ $ ______ 4 ______ 「 ______ 「
5 ______ % ______ 5 ______ 」 ______ 」
6 ______ & ______ 6 ______ [ ______ [
7 ______ ' ______ 7 ______ ] ______ ]
8 ______ ( ______ 8 ______ ( ______ (
9 ______ ) ______ 9 ______ ) ______ )
0 ______ なし __ 0 ______ { ______ {
- ______ = ______ - ______ } ______ }
^ ______ ~ ______ なし ___ なし ____ なし
\ ______ | ______ ¥ _____ なし ____ なし
q ______ Q ______ 。 ______ ぁ _____ なし
w ______ W ______ か ______ え ______ が
e ______ E ______ た ______ り ______ だ
r ______ R ______ こ ______ ゃ ______ ご
t ______ T ______ さ ______ れ ______ ざ
y ______ Y ______ ら ______ ぱ ______ よ
u ______ U ______ ち ______ ぢ ______ に
i ______ I ______ く ______ ぐ ______ る
o ______ O ______ つ ______ づ ______ ま
p ______ P ______ , ______ ぴ ______ ぇ
@ ______ ` ______ 、 ______ ゛ _____ なし
[ ______ { ______ なし ____ ゜ _____ なし
a ______ A ______ う ______ を ______ ヴ
s ______ S ______ し ______ あ ______ じ
d ______ D ______ て ______ な ______ で
f ______ F ______ け ______ ゅ ______ げ
g ______ G ______ せ ______ も ______ ぜ
h ______ H ______ は ______ ば ______ ば
j ______ J ______ と ______ ど ______ お
k ______ K ______ き ______ ぎ ______ の
l ______ L ______ い ______ ぽ ______ ょ
; ______ + ______ ん _____ なし _____ っ
: ______ * __ Bacspace _ Backspace _ Backspace
] ______ } _____ なし ____ なし ____ なし
z ______ Z ______ . ______ ぅ _____ なし
x ______ X ______ ひ ______ ー ______ び
c ______ C ______ す ______ ろ ______ ず
v ______ V ______ ふ ______ や ______ ぶ
b ______ B ______ へ ______ ぃ ______ べ
n ______ N ______ め ______ ぷ ______ ぬ
m ______ M ______ そ ______ ぞ ______ ゆ
, ______ < ______ ね ______ ぺ ______ む
. ______ > ______ ほ ______ ぼ ______ わ
/ ______ ? ______ ・ _____ なし _____ ぉ
\ ______ _ _____ なし ____ なし _____ なし

速記新方式開発ほぼ終結宣言 - rooksnake

2010/01/03 (Sun) 12:31:36

・現在第9版更新中。

・基本文字を新たに40程度追加した。
(1) 基本文字として採用していた3タイプ「(仮称)直線型(例:「―」)」「(仮称)U字型(例:「⌒」)」「(仮称)かぎ型(例:「¬」)」のうちかぎ型は発展性に乏しいので除外した。
(2) 基本文字に含めていた「wa wi wu we wo」は、ほかのグループに統合し、「kw gw sw tw hw」のグループの筆頭に位置づけた。
(3) 直線型とU字型だけでは清音、濁音、半濁音、拗音のすべてをカバーできないので、長さを3種類から4種類にふやした。長さの比は1:2:4:6。

・「ti」と「chi」、「ti」と「tsi」、「tu」と「tsu」、「tu」と「tyu」、「ju」と「dyu」、「hu」と「fu」、「hyu」と「fyu」、「bu」と「vu」、「byu」と「vyu」、「ra」と「la」、「lu」と「lyu」などを厳密に区分した。

・「this」の「th」、「tooth」の「th」をU字型で表現した。

・「fa fi fu fe fo」「va vi vu ve vo」「fyu」「vyu」をかぎ型で表現した。

◇所感
・以上で現代日本語及び日本人による英語の発音をほぼすべてカバーできたと思う。
・これ以降修正があったとしても、それがこの方式の根幹に及ぶものであるとは到底思えない。そこで、これが現時点での私の能力のほぼ最高値であるとみなして、これからはこの方式の習熟段階に移る。
・アメリカ英語の発音(例「cap」の「a」「got」の「o」など)を表現するのは、文字の方向をふやすることを検討中。ただし、今回開発した方式の習熟を優先するため、当分は思考停止。

◇今後の開発予定(長期目標)
・今回はベクトルの概念を導入してあって、始点と終点及び途中の1点(始点と終点とを結ぶ直線から最も離れた点)を測定すれば文字が判別できるので、ペンタブレットを使って速記文字の日本語変換が極めて簡単にできると考えられる。今回の速記新方式で1分間320文字(速記検定1級相当)の筆記はだれでもできるようになるはずなので、両者を組み合わせれば日本人の文字入力速度は格段に向上するはずだ。
・とはいえ、これはあくまで皮算用なので、まずは私自身この新方式に習熟し高速度筆記を体現することが急務である。

「親指の友」VS「Q's Nicolatter」その1 - rooksnake

2010/01/01 (Fri) 12:44:19

◇「親指の友」VS「Q's Nicolatter」

◆試験②
・OS→Windows XP Home
・キーボードドライバ→日本語 PS/2 106/109 キーボード(親指の友)
・日本語入力→MS-IME
入力設定→かな入力/ひらがな/、。/「」・/入力モードに従う/常に半角
・「親指の友」設定
チェック「かなモードでNICOLA配列( ドライバ内で処理)」
チェック「KB611風配列(かな時)」
チェック「右上のBSを有効とする」
同時打鍵判定アウトタイム→50ms


◆試験③
(試験②に加えてチェック「Japanist/OAK固有の動作を行わない」)
・OS→Windows XP Home
・キーボードドライバ→日本語 PS/2 106/109 キーボード(親指の友)
・日本語入力→MS-IME
入力設定→かな入力/ひらがな/、。/「」・/入力モードに従う/常に半角
・「親指の友」設定
チェック「かなモードでNICOLA配列( ドライバ内で処理)」
チェック「Japanist/OAK固有の動作を行わない」
チェック「KB611風配列(かな時)」
チェック「右上のBSを有効とする」
同時打鍵判定アウトタイム→50ms

◆試験④
・OS→Windows 2000 pro(試験②③とは別のPC)
・キーボードドライバ→日本語 PS/2 キーボード(106/109 Ctrl+英数)
・日本語入力→MS-IME
入力設定→かな入力/ひらがな/、。/「」・/入力モードに従う/常に半角
・エミュレータ→QSNICOLA.EXE(一部キーカスタマイズあり)

「親指の友」VS「Q's Nicolatter」その2 - rooksnake

2010/01/01 (Fri) 12:46:07

◆試験②③④結果一覧表

英字キー _ ②単独打鍵 _ ②左シフト _ ②右シフト _ ③単独打鍵 _ ③左シフト _ ③右シフト _ ④単独打鍵 _ ④左シフト _ ④右シフト

半角/全角 _ IMEオンオフ _ _ IMEオンオフ _ _ IMEオンオフ
1 __ 1 __ ? __ ? __ 1 __ ? __ ? __ 1 __ ? __ ?
2 __ 2 __ ・ __ ・ __ 2 __ ・ __ ・ __ 2 __ / __ /
3 __ 3 __ 3 __ 3 __ 3 __ = __ = __ 3 __ ~ __ ~
4 __ 4 __ 「 __ 「 __ 4 __ 「 __ 「 __ 4 __ 「 __ 「
5 __ 5 __ 」 __ 」 __ 5 __ 」 __ 」 __ 5 __ 」 __ 」
6 __ 6 __ 「 __ 「 __ 6 __ 「 __ 「 __ 6 __ [ __ [
7 __ 7 __ 」 __ 」 __ 7 __ 」 __ 」 __ 7 __ ] __ ]
8 __ 8 __ ( __ ( __ 8 __ ( __ ( __ 8 __ ( __ (
9 __ 9 __ ) __ ) __ 9 __ ) __ ) __ 9 __ ) __ )
0 __ 0 __ 0 __ 0 __ 0 __ { __ { __ 0 __ { __ {
- __ ー __ ー __ ー __ ー __ } __ } __ - __ } __ }
Backspace __ Backspace __ __ Backspace __ __ Backspace
Tab __ Tab __ __ Tab __ __ Tab __ __ __ __
Q __ 。 __ ぁ __ 。 __ 。 __ ぁ __ 。 __ 。 __ ぁ __ (表示なし)
W __ か __ え __ が __ か __ え __ が __ か __ え __ が
E __ た __ り __ だ __ た __ り __ だ __ た __ り __ だ
R __ こ __ ゃ __ ご __ こ __ ゃ __ ご __ こ __ ゃ __ ご
T __ さ __ れ __ ざ __ さ __ れ __ ざ __ さ __ れ __ ざ
Y __ ら __ ぱ __ よ __ ら __ ぱ __ よ __ ら __ ぱ __ よ
U __ ち __ ぢ __ に __ ち __ ぢ __ に __ ち __ ぢ __ に
I __ く __ ぐ __ る __ く __ ぐ __ る __ く __ ぐ __ る
O __ つ __ づ __ ま __ つ __ づ __ ま __ つ __ づ __ ま
P __ 、 __ ぴ __ ぇ __ 、 __ ぴ __ ぇ __ , __ ぴ __ ぇ
@ __ 、 __ 、 __ 、 __ 、 __ 、 __ _ __ 、 __ @ __ (表示なし)
[ __ ゛ __ ゜ __ ゜゛ __ ゜ __ ゜ __ [ __ + __ ゜ __
英数(Caps Lock) __ 英数オンオフ __ __ 英数オンオフ __ __ 英数オンオフ
A __ う __ を __ ヴ __ う __ を __ ヴ __ う __ を __ ヴ
S __ し __ あ __ じ __ し __ あ __ じ __ し __ あ __ じ
D __ て __ な __ で __ て __ な __ で __ て __ な __ で
F __ け __ ゅ __ げ __ け __ ゅ __ げ __ け __ ゅ __ げ
G __ せ __ も __ ぜ __ せ __ も __ ぜ __ せ __ も __ ぜ
H __ は __ ば __ み __ は __ ば __ み __ は __ ば __ み
J __ と __ ど __ お __ と __ ど __ お __ と __ ど __ お
K __ き __ ぎ __ の __ き __ ぎ __ の __ き __ ぎ __ の
L __ い __ ぽ __ ょ __ い __ ぽ __ ょ __ い __ ぽ __ ょ
; __ ん __ ん __ っ __ ん __ ん __ っ __ ん __ ; __ っ
: __ Backspace __ __ Backspace __ __ Backspace
] __ Esc __ __ Esc __ __ Esc __ __ __ __
Enter __ 改行(全確定) __ __ 改行(全確定) __ __ 改行(全確定)
Z __ 。 __ ぅ __ 。 __ 。 __ ぅ __ 。 __ . __ ぅ __ (表示なし)
X __ ひ __ ー __ び __ ひ __ ー __ び __ ひ __ ー __ び
C __ す __ ろ __ ず __ す __ ろ __ ず __ す __ ろ __ ず
V __ ふ __ や __ ぶ __ ふ __ や __ ぶ __ ふ __ や __ ぶ
B __ へ __ ぃ __ べ __ へ __ ぃ __ べ __ へ __ ぃ __ べ
N __ め __ ぷ __ ぬ __ め __ ぷ __ ぬ __ め __ ぷ __ ぬ
M __ そ __ ぞ __ ゆ __ そ __ ぞ __ ゆ __ そ __ ぞ __ ゆ
, __ ね __ ぺ __ む __ ね __ ぺ __ む __ ね __ ぺ __ む
. __ ほ __ ぼ __ わ __ ほ __ ぼ __ わ __ ほ __ ぼ __ わ
/ __ ・ __ ・ __ ぉ __ ・ __ ・ __ ぉ __ ・ __ : __ ぉ
\ __ ¥ __ ¥ __ ¥ __ (表示なし) __ (表示なし) __ (表示なし) __ _ __ (表示なし) __ (表示なし)

「親指の友」VS「Q's Nicolatter」その3 - rooksnake

2010/01/01 (Fri) 12:50:26

●試験②③④で完全一致しなかったもの

2 __ 2 __ ・ __ ・ __ 2 __ ・ __ ・ __ 2 __ / __ /
3 __ 3 __ 3 __ 3 __ 3 __ = __ = __ 3 __ ~ __ ~
6 __ 6 __ 「 __ 「 __ 6 __ 「 __ 「 __ 6 __ [ __ [
7 __ 7 __ 」 __ 」 __ 7 __ 」 __ 」 __ 7 __ ] __ ]
0 __ 0 __ 0 __ 0 __ 0 __ { __ { __ 0 __ { __ {
- __ ー __ ー __ ー __ ー __ } __ } __ - __ } __ }
^ __ (表示なし) __ ^ __ ^ __ ^ __ ~ __ ~ __ ^ __ ¥ __ (表示なし)
¥ __ ¥ __ ¥ __ ¥ __ ¥ __ (表示なし) __ (表示なし) __ ¥ __ (表示なし) __ (表示なし)
Q __ 。 __ ぁ __ 。 __ 。 __ ぁ __ 。 __ 。 __ ぁ __ (表示なし)
P __ 、 __ ぴ __ ぇ __ 、 __ ぴ __ ぇ __ , __ ぴ __ ぇ
@ __ 、 __ 、 __ 、 __ 、 __ 、 __ _ __ 、 __ @ __ (表示なし)
[ __ ゛ __ ゜ __ ゜゛ __ ゜ __ ゜ __ [ __ + __ ゜ __
; __ ん __ ん __ っ __ ん __ ん __ っ __ ん __ ; __ っ
Z __ 。 __ ぅ __ 。 __ 。 __ ぅ __ 。 __ . __ ぅ __ (表示なし)
/ __ ・ __ ・ __ ぉ __ ・ __ ・ __ ぉ __ ・ __ : __ ぉ
\ __ ¥ __ ¥ __ ¥ __ (表示なし) __ (表示なし) __ (表示なし) __ _ __ (表示なし) __ (表示なし)

「親指の友」VS「Q's Nicolatter」その4 - rooksnake

2010/01/01 (Fri) 12:52:29

※注
試験②、試験③とも「\」キー(JISかな表示「ろ」キー)を押すとなぜか片仮名入力に切りかわる。原因不明。

※考察(個人的見解)
・私はNICOLA化エミュレータとして「QSNICOLA.EXE」を使っているので、その観点から述べる。
・一言で言って、賞賛すべき結果である。個人的には「驚嘆」と表現したい。このキーボードドライバがさらに洗練され、カスタマイズの選択肢がふえることを切望する。
・私のWindows XP条件下ではエミュレータに比べて格段に速いと感じた。
「Windows 2000 pro + IMS-IME 2000 + QSNICOLA.EXE」と比べても同格、「同時打鍵判定アウトタイム」設定後は同格以上の感触を得た。
・「Japanist 2003」も以前使用したことがあるが、それよりも速い。
・記号等で若干の食い違いはあるものの、50音と最上段の数字をすべてカバーしているので、実用には十分だ。
・加えて、「同時打鍵判定アウトタイム」の設定変更でユーザーのレベルに合わせて打鍵の誤判定を減らすことができ、これが入力速度向上に相当寄与すると思われる。
・現段階では「キーリピート」と「拡張フラグ」というのが理解し切れないので、解説をもう少し読んでみる必要がある。

※余談
・今回感じたことだが、NICOLA化エミュレータがWindows XPでつまずく一因としてキーボードドライバの設定があるのではないか。
今回、キーボードドライバ「親指の友」を組み込むときにデバイスを確認してみると、実際のキーボードは109型であるにもかかわらず、ドライバの設定は「101/102 英語キーボード または Microsoft Natural PS/2 キーボード」になっていた。
キーボードドライバをこまめに点検しておかないと、何かのふぐあいが生じて再起動したときに設定が「101/102 英語キーボード または Microsoft Natural PS/2 キーボード」になって、それに気づかないという結果になるのだろう。
気のせいかもしれないが、キーボードドライバを変更したらスクロール速度も上がったようである。

親指の友(kbf_oya.lzh) - rooksnake

2009/12/30 (Wed) 11:15:00

Windows XP 以降、nicola 配列(いわゆる親指シフト)での打ち込みが難しくなって困り果てていたのだが、つい最近、この問題を解決してくれるキーボードドライバを発見した。作者の Kiyoto さんに感謝。

まだ開発途上で、キーカスタマイズなどは制限されているようだが、いずれはこのドライバが主流になって、全国のいわゆる親指シフトユーザーは感涙にむせぶであろう。

XP の PC に組み込んでみたが、かなりの速打ちにもついてきてくれる。エミュレーションソフトだとどうしてもこちらの打ち込み速度に追いつけない部分が出てくるのだが、さすがにキーボードドライバに組み込んだだけあって、非常に速い。

数字キーのところにある記号に一部問題があるようだが、これは大した問題ではない。うまく打ち込めない記号をユーザー登録すればいいだけの話だ。

このドライバがあれば、親指シフトユーザーが XP や VISTA などでも快適に打ち込みができるであろう。

このまましばらく使い心地を試してみるつもりである。


ただし、コンピュータは全くの初心者で、「システムバックアップって何ですか?」というようなレベルの人は要注意。最悪の場合、コンピュータが全く動かなくなる危険性があるので、行動はあくまで自己責任で。

以下、「readme.txt」から抜粋。


親指の友 キーボードドライバ
V1.0L50
Copyright(C) 2008 - 2009 Kiyoto

●!! 警告 !!
このソフトウェアは、Windowsのカーネルモードで動作するソフトウェアです。
即ち、いとも簡単に青画面を出せたり、システムを破壊したりできる環境で動くモノです。
一応、私が常用しているソフトですので、充分な動作テストは行っていますが、
何かの拍子に重大なトラブルを招く可能性がありますので、
使用される場合はそのことを十分考慮し、自己責任でお願いします。
何か問題が発生したとしても、私は責任をとれません。


●これはなに?
親指シフト動作を行うキーボードフィルタドライバです。
キーボードクラスドライバとポートドライバの間に割り込む形で動作します。
前々から欲しかった、キーボード周りの「+α」的な機能も多く実装してみたので、
もはや何がメインなのかわからない状況ですが、一応親指シフトがメインだと思います。

以下のような特徴があります。
・ドライバレベルで動作する為、ソフトによって使えない等の相性問題が起こりにくい。
・設定の動的な変更ができる。
・一般のOADGキーボードに加えて、富士通の親指シフトキーボード「FMV-KB611(又は613)」「FMV-KB211」に対応。専用の制御コマンドをキーボードに送ることで、ここに掲載したほぼ全ての機能が使える。
・親指シフトの動作は日本語入力コンソーシアムの規格に準拠。また、同時打鍵判定のタイムアウト時間を自由に設定可能。
・NICOLA配列でのかな入力をローマ字に変換して出力する機能を使用可能。一部のかな入力に不具合のあるソフトでも親指シフト入力ができる。
・IMEとして富士通のJapanist/OAKを使用している場合は、親指シフトキーボード固有の
刻印を出力することが可能。
・親指キーに設定するキーや、親指キーの単独打鍵で出力するコード等を比較的自由に設定可能(当然、富士通製親指シフトキーボードでも)。
・英字入力時に親指シフト風の操作を行うことで、シフトキー等との逐次打鍵を入力したことにできる機能を搭載。
・キーリピートをドライバでエミュレートする機能を搭載。これにより、リピート速度をミリ秒単位で自由に設定可能。
・日本語入力時の入力モード遷移操作を、FMR版のOAKと完全互換にする機能を搭載。Japanistでも完全にマネしきれなかった、英字・英小文字キーによるCapsLockの制御を含め、完全にエミュレート。また、自分が多用する関係で、alモードにも対応。さらに、右Ctrlキーの単独打鍵でIMEのON/OFFを行う機能も搭載。
詳しくは、付属文書の「func.txt」を参照下さい。

「親指の友」試験(前提編) - rooksnake

2009/12/31 (Thu) 12:03:43

●キーボードの種類
JIS配列PS/2接続109キーボード

●IMEの種類
MS-IME

●MS-IMEの入力設定
入力方式→かな入力
初期入力モード→ひらがな
句読点→、。
記号→「」・
スペースの入力→入力モードに従う
テンキーからの入力→常に半角

●「親指の友キーボードドライバ設定ツール」の設定
→初期設定
○「親指シフト」タグ
「かなモードでNICOLA配列(ドライバ内で処理)」にチェック。あとはチェックなし。

「親指左」
キー→7B(無変換)
かな時の単独コード→7B(無変換)
英字時の単独コード→39(Space)

「親指右」
キー→39(Space)
かな時の…→39(Space)
英字時の…39(Space)

○「時間関係」タグ
チェックなし
「親指シフト同時打鍵タイムアウト」→100ms

○「操作関係」タグ
チェックなし

○「配列関係」タグ
追加なし

「親指の友」試験その1 - rooksnake

2009/12/31 (Thu) 12:08:41

●キーボード表示と打鍵時の表示文字との関係表
通し番号 ____ キー表示 ____ 単独打鍵 ____ +左シフト ____ +右シフト
01 ____ 半角/全角 ____ (IMEオンオフ) ____ ____
02 ____ 1 ! ____ 1 ____ ? ____ ?
03 ____ 2 " ____ 2 ____ ・ ____ ・
04 ____ 3 # ____ 3 ____ 3 ____ 3
05 ____ 4 $ ____ 4 ____ 「 ____ 「
06 ____ 5 % ____ 5 ____ 」 ____ 」
07 ____ 6 & ____ 6 ____ 「 ____ 「
08 ____ 7 ' ____ 7 ____ 」 ____ 」
09 ____ 8 ( ____ 8 ____ ( ____ (
10 ____ 9 ) ____ 9 ____ ) ____ )
11 ____ 0 ~ ____ 0 ____ 0 ____ 0
12 ____ - = ____ ー ____ ー ____ ー
13 ____ ^  ̄ ____ (表示なし) ____ ^ ____
14 ____ \ | ____ ¥ ____ ¥ ____ ¥
15 ____ Backspace ____ Backspace ____ ____
16 ____ Tab ____ Tab ____ ____
17 ____ Q ____ 。 ____ ぁ ____ 。
18 ____ W ____ か ____ え ____ が
19 ____ E ____ た ____ り ____ だ
20 ____ R ____ こ ____ ゃ ____ ご
21 ____ T ____ さ ____ れ ____ ざ
22 ____ Y ____ ら ____ ぱ ____ よ
23 ____ U ____ ち ____ ぢ ____ に
24 ____ I ____ く ____ ぐ ____ る
25 ____ O ____ つ ____ づ ____ ま
26 ____ P ____ 、 ____ ぴ ____ ぇ
27 ____ @ ` ____ (表示なし) ____ ゛ ____ (表示なし)
28 ____ [ { ____ ゛ ____ ゜ ____ ゜
29 ____ ____ ____ ____
30 ____ 英数 Caps Lock ____ 英数オンオフ ____ ____
31 ____ A ____ う ____ を ____ ヴ
32 ____ S ____ し ____ あ ____ じ
33 ____ D ____ て ____ な ____ で
34 ____ F ____ け ____ ゅ ____ げ
35 ____ G ____ せ ____ も ____ ぜ
36 ____ H ____ は ____ ば ____ み
37 ____ J ____ と ____ ど ____ お
38 ____ K ____ き ____ ぎ ____ の
39 ____ L ____ い ____ ぽ ____ ょ
40 ____ ; + ____ ん ____ ん ____ っ
41 ____ : * ____ 、 ____ 、 ____ 、
42 ____ ] } ____ (表示なし) ____ ゛ ____ (表示なし)
43 ____ Enter ____ 全確定・改行 ____ ____
44 ____ Left Shift ____ Left Shift ____ ____
46 ____ Z ____ 。 ____ ぅ ____ 。
47 ____ X ____ ひ ____ ー ____ び
48 ____ C ____ す ____ ろ ____ ず
49 ____ V ____ ふ ____ や ____ ぶ
50 ____ B ____ へ ____ ぃ ____ べ
51 ____ N ____ め ____ ぷ ____ ぬ
52 ____ M ____ そ ____ ぞ ____ ゆ
53 ____ , < ____ ね ____ ぺ ____ む
54 ____ . > ____ ほ ____ ぼ ____ わ
55 ____ / ? ____ ・ ____ ・ ____ ぉ
56 ____ \ _ ____ (表示なし) ____ (表示なし) ____ (表示なし)
57 ____ Right Shift ____ Right Shift ____ ____
58 ____ Left Ctrl ____ Left Control ____ ____
60 ____ Left Alt ____ Left Option ____ ____
61 ____ Spacebar ____ 変換・空白 ____ ____
62 ____ Right Alt ____ Right Option ____ ____
64 ____ Right Ctrl ____ Right Control ____ ____

速記新方式 - rooksnake

2009/12/16 (Wed) 02:47:04

・現在第8版更新中。
・最初にひらめいた速記基本文字とその派生系すべてをカード化した。合計310個だと思っていたら、実際には315個だった。
・カードは厚紙で製作し、裏に磁石を張って、ホワイトボード上を自由に移動できるようにした。イメージとしてはパズルである。この315を使って「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」…「キャ」「キュ」「キョ」等々150程度のマスをうめていく。ということは、この1枚1枚は、「カード」ではなく「ピース」と呼ぶべきか。
・この315個を作成するのに20日近くかかったような気がするが、でき上がってすべて一望できるようになると、実にわかりやすい。現在使用しているピースと手持ちの未使用ピースが一遍に見渡せるので、考えをまとめやすい。以前に頭の中でやっていたときにはすぐこんがらがって考えが進まず投げ出していたのだが、今回は何とかなりそうである。
・最初は文字として長短(1:2)2種類を考えていた。すべての文字が1画であり、ベクトルの概念を導入しているから、正確に書いていれば、書いたものを後で判読することは容易である。
・しかし、1画といってもイメージとしては「─」「│」「∩」「∪」「∠」「∟」のようなものがあるから、実際に書いてみると、人間が方向と長さをほぼ正確に書くのは難しい。特に「∠」「∟」のたぐいは、方向がいろいろあると後からの判読が難しい。結果として直線あるいはカーブの角度が大きいもの(「─」「│」「∩」「∪」のたぐい)を優先しないと人間向きではないということになる。
・以上を勘案し、文字の長さを3種類(1:2:3)にして、極力直線あるいは緩いカーブの文字(「─」「│」「∩」「∪」のたぐい)を選定することにした。この結果、急カーブの文字(「∠」「∟」のたぐい)の比率を25%程度に抑制できた。
・以上の結果、現在一応の決定をみたものが134個(書き出し省略)。
・速記新方式による英語の完全反訳の野望は長期的課題として見送り、下記検討課題の幾つかを解決した後、実際に自分で練習してみて、そこそこ仕上がったら、次は発表の段階に移りたい。


※ 今後の検討課題
tiとchi
shiとsi
diとdzi
dyu
tsa tsi tsu tse tso
(dza dzi dzu dze dzo)
la li lu le lo
lya lyu (lye) lyo
gwa gwi (gwu) gwe gwo
hwa hwi hwu whe who
kwa kwi (kwu) kwe kwo
swa swi (swu) swe swo
twa twi twu twe (two)
fyu
vyu
「mouth」の「th」
「that」の「th」
アメリカ英語の母音(例:「cat」の「a」、「 got」の「o」)
発音記号で「e」を180度方向変換したような発音


※ 決定済みだが再考の余地あり
nya nyu...
mya myu...
rya ryu...
fa fi...
va vi...

ダンボール・コンポスト(麻袋 冬のベランダ プチプチ編) - rooksnake

2009/12/14 (Mon) 04:49:00

1-3→麻袋(小)2枚重ね+玄関マットでつくった袋
3-3→麻袋(小)+麻袋(大)+プチプチ袋

日時_____ベランダ__1-3_____3-3
12月10日
13:20____12℃____12℃____12℃
16:00____12℃____12℃____15℃
18:30____12℃____13℃____15℃
21:00____12℃____13℃____17℃
12月11日
00:30____11℃____13℃____20℃
02:30____12℃____13℃____23℃
04:30____12℃____14℃____28℃
06:40____12℃____15℃____34℃
08:30____13℃____15℃____37℃
11:30____16℃____18℃____43℃
13:30____16℃____21℃____45℃
15:30____16℃____23℃____44℃
18:10____15℃____25℃____42℃
21:00____15℃____25℃____40℃
23:50____15℃____25℃____37℃
12月12日
01:50____14℃____25℃____33℃
08:30____14℃____22℃____24℃
13:50____16℃____23℃____26℃
17:00____15℃____23℃____25℃
19:30____14℃____20℃____24℃
23:50____12℃____17℃____18℃
12月13日
01:15____12℃____15℃____17℃
04:10____12℃____14℃____16℃
14:30____14℃____14℃____18℃
19:25____12℃____13℃____16℃


※室内
12月11日
00:30 室内14℃ 2-3→26℃(ゴミ投入。攪拌) 鉢3→20℃(投入なし。攪拌なし)
14:30 室内16℃ 2-3→17℃(ゴミ投入。攪拌) 鉢3→19℃(投入なし。攪拌なし)
18:45 室内不明 2-3→28℃(ゴミ投入。攪拌) 鉢3→21℃(投入なし。攪拌なし)
12月13日
14:30 室内17℃ 2-3→17℃(投入なし。攪拌なし) 鉢3→21℃(投入なし。攪拌なし)


※メモ
・いわゆる「プチプチ」の正式名称は「気泡緩衝材」らしい。「プチプチ」自体、登録商標であるとのこと。
・プチプチシートが家にあったので、これで簡易な温室環境をつくることにした。プチプチシートで60cm×50cmの麻袋と同程度の袋をつくり、土入りの麻袋(小)→麻袋(大)→プチプチ袋というふうに3層構造にしてベランダの物干し用フックにつり下げた。プチプチ袋は完全に密閉せず上下に穴があいている状態にした。こうすれば、二酸化炭素は空気より重いから、微生物が吐き出した二酸化炭素は下の穴から出て、上からは空気が入るはずである。
・実験の結果、ベランダでも大体うまくいくようである。1-3の袋の温度上昇は、二つの袋を同じフックにつり下げていたためであろう。
・装置のにおいが気になるので、芳香剤を買って部屋に置いてみた。しかし、これでにおいがなくなるわけではないので、気休めにすぎないだろう。
・2-3の外側の袋を小から大に変えた。これから順次この方式にして、熟成工程の袋は気泡緩衝材で包んで外に置く予定である。

ダンボール・コンポスト(麻袋編) - rooksnake

2009/11/29 (Sun) 11:28:26

11月29日(日)
室内19℃
1-3(第1の袋、鉢から通算で3順目)→23℃(投入直前の温度。生ごみ投入後ヌカ添加、そのあと袋を反転して攪拌)

※鉢の温度
3-2→27℃(1-3の袋に入り切らなかった土混入後の温度。測定後何もせず)
3-3→30℃(測定後何もせず)
(以後「3-2」「3-3」の名称変更。「3-2」「3-3」→「鉢2」「鉢3」。鉢ラベル取りかえ済み。)

※新実験開始に当たっての落書き(事実・感想等ごちゃまぜ、順不同)
・生ごみが新たに発生したので麻袋による実験開始。
・炭が足りないように思われたので炭追加。
・袋購入時、布目が粗過ぎるのではないかと思われたが、実際に土を入れて揺すぶってみたところ、こぼれた土はごく微量であった。ちり程度である。保温も兼ね、念のため袋を二重にした。
・袋の容積が鉢の土の量に対して少し小さかった(袋サイズ約50cm×30cm)。一鉢全量入るものの、全量入れると攪拌するときに土の動く空間が少なくなってやりにくい。土の量は袋の半分未満が望ましいと思われた。土を半分程度にして生ごみを投入し、口を縛って上下に2回反転させると十分まざるようである。
・予想より作業性能が向上したようである。
(1) 装置が軽い。袋は当然軽いが、土の重量が以前の鉢自体より小さいので、持ち運んだり振り回したりが楽である。
(2) 衛生面が向上した。生ごみ投入時及び攪拌時、生ごみや土がこぼれることが少ない(今のところ見た目は皆無)。
・費用も大幅に削減した(累積費用は除く)。
・購入した麻袋がきんちゃく袋になっていなかった。見ると口のところにステッチが施してあったので、ステッチ直下に木綿の細縄を粗く並み縫いにしてきんちゃく袋状にした。今後、強度及び虫混入の経過観察。
・袋の呼び方だが、まず、土を投入した順番で袋に1、2、3…というふうに振り、それが鉢による実験から通算して何順目であるかという名称にした。例えば今回は1袋目で鉢から通算3順目だから1-3である。
・今後、器を麻袋に変更したことのプラスマイナスを検証する必要がある(虫混入の有無等)。
・温度測定は、麻袋の外から温度計を突き刺して行えるようである。現在使っている温度計を外から突き刺してみたが、何とかいける。しかし、形状はもう少し鋭利なほうが望ましい(刺した穴がすぐにふさがらないから)。土中温度をはかる温度計(くぎのような形をしていて、差し込んで外から常時測定できるもの)がホームセンターにあったので、これの購入を検討。
・実験の名称:自家製堆肥器による生ごみ堆肥化計画(麻(きんちゃく)袋編)(略して「アサキン計画」あるいは「キンチャッケ」(ここまでするほどのこともないが…))
・ラベルの張り方(例:袋1-3)→袋に「1」と書いた布テープを張る。その右横にやや小さく「-3」と書いた布テープを張る。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)02 - rooksnake

2009/11/30 (Mon) 15:40:44

11月30日(月)15:00 室温18℃
1-3→31℃(測定後生ごみ投入、添加物なし、攪拌)
鉢2→22℃(測定後砂糖25グラム投入、攪拌)
鉢3→23℃(測定後植物油25グラム投入、攪拌)

※メモ
・熟成過程の鉢の一方に砂糖25グラム、もう一方に植物油25グラムを投入して、温度上昇を比較してみることにした。
・やはり袋が小さい。添加物や生ごみが分解し切らないので総量がだんだんふえて、土をまぜる空間がだんだん少なくなり、まぜにくくなってきた。後で気づいて後悔するのがバカの特徴だが、ぴったり符合する。お見事。袋が一巡したころで大きい袋購入を検討。
・鉢2の中でカキの種らしきものから根が出て発芽しかかっているのを発見。これをベランダの鉢に植えた。
・袋をがちゃがちゃやっていると、ちりのようなものが少量落ちる。鉢を切り返すときにこぼれる量よりは少ないが、衛生上要注意。
・鉢は布でふたをしてゴムどめしているので割ときっちり密閉されているが、袋は雑な密閉方式なので虫侵入の可能性が高いような気がする。このままの態勢で夏場を迎えるのはまずいだろう(夏まで続けている可能性はほぼゼロだが)。
・袋購入時、口のところに切り込みがあったので糸で縫って閉じたのだが、実際生ごみを投入したり中をのぞいたりするには切り込みがあったほうが、入り口が広くて断然便利なので、糸を切った。うーん、「馬鹿の考え休むに似たり」。おめでとう、ダブル受賞です。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)03 - rooksnake

2009/11/30 (Mon) 22:51:42

11月30日(月)22:20 室内16℃
1-3→42℃(測定後攪拌のみ)
鉢2→32℃(測定後攪拌のみ)
鉢3→26℃(測定後炭添加、攪拌)

※メモ
・砂糖より油のほうが熱量は大きいはずだが、予想外の結果。砂糖と油の重量測定を間違えたか、はたまた、よく考えてみると鉢2は1-3の袋をつくるときに鉢1に炭を追加投入して袋に入り切らなかった余りの土が一緒に入っているので炭の量が大分違うからか。そこで鉢3に炭を追加してみた。これでまたしばらく経過観察。その後、温度が大体同じになったところでもう一回、今度は50グラムずつで検証する予定。実験など久しぶりなので、条件設定がめちゃくちゃだ。反省。
・袋は密閉したまま攪拌できるので、鉢のように攪拌時に外気に触れて温度の急激な低下がないというか、温度変化がほとんどない。この袋方式、なかなかスグレモノなのではないか。移動性にもすぐれるので、熟成過程に入った袋はどこか邪魔にならない壁のほうにでもつり下げておける。こうすれば、少なくとも飛翔しない虫は入ってこないだろう。防寒対策をしっかり施せばベランダに置いてもそこそこ保温できるのではないかとも考えられる。
・袋を縛るひもを木綿の細縄にしてあるのだが、どうもすべりがよくない。もっとやわらかい素材にしたほうがよいようである。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)04 - rooksnake

2009/12/01 (Tue) 07:42:49

12月1日(火)7:20 室温14℃
1-3→41℃(測定後生ごみ投入。添加物なし。攪拌後40℃)
鉢2→26℃(添加物なし。攪拌後21℃)
鉢3→27℃(添加物なし。攪拌後21℃)

・鉢2と鉢3の温度が逆転した。炭投入の効果か、砂糖と油の分解速度の違いか、本来の熱量の差があらわれ始めたのか、単なる偶然なのか、条件設定がでたらめなので、これまたイマイチわからない(トーシローのやることですから、こんなもんでしょう)。引き続き経過観察。
・部屋にドアのすき間テープが転がっている。これを袋の口のところに張りつけたら虫が入れなくなるのではなかろうか。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)05 - rooksnake

2009/12/01 (Tue) 12:12:40

12月1日(火)12:00 室内15℃
1-3→36℃(投入・添加なし。測定後攪拌)
鉢2→20℃(投入・添加・攪拌なし)
鉢3→23℃(投入・添加・攪拌なし)

・鉢2・鉢3の温度差さらに拡大。引き続き経過観察。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)06 - rooksnake

2009/12/01 (Tue) 23:16:14

12月1日(火)
17:10 室温19℃
1-3→38℃(ゴミ投入。添加物なし。攪拌→38℃)
鉢2→21℃(ゴミ・添加物なし。攪拌→20℃)
鉢3→23℃(ゴミ・添加物なし。攪拌→21℃)
21:40 室温18℃
1-3→43℃(ゴミ投入。添加物なし。攪拌→36℃)
鉢2→22℃(測定のみ)
鉢3→25℃(測定のみ)

・油を入れた鉢の砂糖に比べた高温状態が続く。あすまで経過観察し、あすから砂糖・油50グラムずつで実験開始予定。砂糖と油の分解能比較を早くしないと、もうすぐ1-3の袋がいっぱいになってしまう。
・ここで一応の推測。砂糖は油に比べて分解速度が高く、急激に温度上昇し、急激にもとに戻る。油はその逆。
・砂糖で温度調整が自由にできれば、虫対策にも使える。すなわち、虫がわいた場合、砂糖を大量投入し、土の温度を超生息限界にして死滅させる。
・袋を縛るひもを取りかえた。スニーカーのひもぐらいのやわらかい材質。これにより袋の開閉が少し楽になった。反面、縛ってもすぐ緩むので、きっちり結ばなければならない。1-3の温度が43℃から36℃に低下しているのは、ひも交換のため袋の口をしばらくあけていたためと考えられる。
・外側の袋は、ひもで縛るだけでは虫対策として少し心もとない。ジッパーがついているとよいと感じた。しかし、これを手づくりするのはめんどくさい。防虫用の袋として網目のごく細かい洗濯ネットが使えるのではないか。しかし、これだと保温性能が落ちる。三重にするか。
・土を洗濯ネットに入れてしまうことも考えられる。これは百円ショップで購入できるので、コスト面ではこれが一番すぐれているかもしれない。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)07 - rooksnake

2009/12/02 (Wed) 10:25:09

12月2日(水)8:00 室温18℃
1-3→41℃(攪拌→41℃→油少量投入→40℃)
鉢2→22℃
鉢3→23℃

※メモ
(1) 砂糖と油の分解能比較について
もう少し科学的に考えないといつまでたってもテレビのコメンテーターのごとくわかったようなわからないようなことしか書けないので、今度は事前によく考えてみた。
まず、実証実験をするからには、比較したい事柄以外は条件を同じにしなければならない。そこで、鉢2の土を2分割し、一つに砂糖、もう一つに油を入れることにし、麻袋に入れて実験を開始。
・麻袋(50cm×30cm)を二つ用意。(「1-3」は麻袋を二重にしてあるが、今回の実験は二重にしない。)
・鉢2の土を2分割。(土の重量を測定したいのだが、体重計などのはかりがない。そこで、一応、鉢2の土の重量をX、麻袋各自の重量を0.5Xということにするが、ここでは二つの袋の総重量がほぼ同じであればよいので、土の具体的な重量は無視することにした。)
・容器を二つ用意し、その容器に鉢2の土をほぼ等分に入れる。
・片方の容器に砂糖50グラム、もう片方に植物油50グラムを入れる。
・以後、砂糖の入ったほうを「2-3」、植物油の入ったほうを「3-3」と呼ぶ。
・砂糖・植物油の分解促進目的で添加物、すなわちヌカ50グラム、炭50グラムを両方に入れる。
・両方ともよく攪拌した後で麻袋に入れる。
・袋にラベルを張る。
砂糖の入ったもの→「2-3 砂糖50 ヌカ50 炭50」(以後略して「2-3」)
植物油の入ったもの→「3-3 油50 ヌカ50 炭50」(以後略して「3-3」)
・以後経過観察。
(2) その他
・鉢2を攪拌していたらカキの種4粒を発見した。一つは根が5ミリメートルぐらい出ている。あとの三つは出ていないが、全部をベランダの鉢に植えた。
・ヌカの確保は意外に難しいのかもしれない。最初のヌカはコイン精米機の附属施設から無料で確保できたが、2度目にそこへ行ったときにはヌカがなかったので、スーパーマーケットで購入した。先日また同じところへ行ってみたところ、今度はヌカがあったので、いただいて帰った。最近は米穀店もほとんど見かけないし、あったとしても、コメを買わずにヌカだけ購入あるいはちょうだいするというのはいかがなものかという気がする。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)08 - rooksnake

2009/12/03 (Thu) 08:11:57

12月2日(水)
※砂糖と油の分解能比較試験
08:00 室温18℃ 試験開始前の鉢2→22℃
08:30 実験開始 2-3→20℃ 3-3→20℃
12:00 室温19℃ 2-3→49℃ 3-3→29℃
13:20 室温19℃ 2-3→53℃ 3-3→31℃
14:30 室温19℃ 2-3→49℃ 3-3→32℃
15:00 室温不明 2-3→49℃ 3-3→33℃
16:30 室温不明 2-3→48℃ 3-3→35℃
16:35 袋攪拌→ 2-3→35℃ 3-3→30℃
18:00 室温20℃ 2-3→40℃ 3-3→35℃
19:00 室温19℃ 2-3→37℃ 3-3→36℃
21:30 室温18℃ 2-3→31℃ 3-3→36℃
23:20 室温18℃ 2-3→28℃ 3-3→35℃
23:30 袋攪拌→ 2-3→25℃ 3-3→30℃
12月3日(木)
03:00 室温18℃ 2-3→25℃ 3-3→32℃
05:30 室温18℃ 2-3→24℃ 3-3→30℃
07:45 室温18℃ 2-3→23℃ 3-3→30℃
10:30 室温19℃ 2-3→22℃ 3-3→28℃
14:00 室温19℃ 2-3→23℃ 3-3→28℃
14:10 袋攪拌→ 2-3→22℃ 3-3→24℃
19:00 室温19℃ 2-3→23℃ 3-3→26℃
21:30 室温17℃ 2-3→22℃ 3-3→25℃
23:30 室温15℃ 2-3→20℃ 3-3→24℃
12月4日(金)
03:30 室温14℃ 2-3→18℃ 3-3→22℃
08:30 室温16℃ 2-3→20℃ 3-3→23℃
(比較実験終了)


※通常の測定
12月2日(水)18:00 室温20℃
1-3→38℃(測定後ゴミ投入。攪拌→39℃)
鉢3→24℃(投入物なし。攪拌なし)
23:20 室温18℃
1-3→36℃(投入物なし。攪拌なし)
鉢3→23℃(投入物なし。攪拌なし)
12月3日(木)
07:45 室温18℃
1-3→34℃(投入物なし。攪拌なし)
鉢3→23℃(投入物なし。攪拌なし)
14:00 室温19℃
1-3→29℃(投入物なし。攪拌→31℃)
鉢3→23℃(水・砂糖添加。攪拌→21℃)
19:00 室温19℃
1-3→31℃(投入・攪拌なし)
鉢3→35℃(投入・攪拌なし)
20:30 室温18℃
1-3→29℃(生ごみ投入。攪拌→30℃)
鉢3→34℃(投入なし。攪拌なし)
12月4日(金)08:30 室温16℃
1-3→30℃(測定後ゴミ投入。攪拌→27℃)
鉢3→23℃(投入なし。攪拌なし)

ダンボール・コンポスト(麻袋編)09 - rooksnake

2009/12/04 (Fri) 21:54:33

12月4日(金)19:00 室温18℃
鉢3→21℃(投入なし。攪拌→20℃)
1-3→35℃(投入なし。攪拌なし)
2-3→21℃(投入なし。攪拌なし)
3-3→24℃(投入なし。攪拌なし)

21:30 室温16℃
2-3→21℃(ゴミ投入。攪拌→22℃)

23:00 室温19℃
1-3→33℃(投入なし。攪拌なし)
2-3→23℃(投入なし。攪拌なし)
3-3→24℃(投入なし。攪拌なし)
鉢3→22℃(投入なし。攪拌なし)

※メモ
・砂糖と油の比較試験が終わり、1-3も量がふえて攪拌しにくくなってきたので、1-3は現役引退、熟成過程に回した。かわりに2-3本格デビュー。
・1-3は一貫して比較的高温を保っていたので、この理由を考えてみた。投入物を思い起こすと、煮干しをオリーブオイルで過熱したものが3回入っている。タンパク質と油であるから、高温になってもおかしくない。
・比較試験が終わり、また飽きてきそうである。何か目新しいことを考えなければ。
・使用前の煮干しをそのまま2-3に投入してその後の温度変化を調べようかとも考えたが、これはさすがにやめて、煮干しと昆布でだしををとってうどんをつくり、だし殻を投入してみた。油抜きでも温度が上がるものだろうか。以後経過観察。これで際立った変化があれば本格的な試験を検討。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)10 - rooksnake

2009/12/05 (Sat) 18:33:19

12月5日(土)
08:00 室温15℃
1-3→30℃(投入なし。測定後攪拌)
2-3→23℃(投入なし。測定後攪拌)
3-3→24℃(投入なし。測定後攪拌)
鉢3→21℃(投入なし。測定後攪拌)
16:20 室温16℃
1-3→29℃(投入なし。測定後攪拌)
2-3→24℃(投入なし。攪拌なし)
3-3→24℃(投入なし。攪拌なし)
鉢3→20℃(投入なし。測定後ヌカ・油添加→20℃)

※メモ
・煮干し投入後、際立った変化なし。引き続き経過観察。
・袋の開閉が非常に煩わしい。虫対策としての洗濯ネットはどうも趣味に合わないので袋のひもを口のところと切れ込みから約5cm下あたりの2カ所につけて二重に縛るようにしたのだが、袋自体2枚重ねにしてあるから、これだとゴミ投入のたびにひも解き4回、ひも結び4回の計8回が必要になって、煩わしくて仕方ない。やはりジッパー方式が望ましい。麻袋は二重のほうが保温・保湿の観点からいいような気がするので、袋は二重にする方針を維持するとしたら、これを洗濯ネットに入れると三重になってしまう。しかし、袋が三重になっても、袋を洗濯ネットに入れれば袋のほうは縛る必要がないわけで、結局ゴミ投入のときの手順は減ることになる。ネットに入れると、ひもの処理とか、ちょっと面倒なことも予想されるので、これも検討課題。
・60cm掛ける40cmで通気性と保温性を兼ね合わせた袋を探しているのだが、適当なものがみつからない。これは自作しろということかと思い、百円ショップに売っていた玄関マットがちょうどこの大きさだったので、通気性のよさそうなものを2枚選んで買って帰り、袋を自作した。ミシンが家にないので、手縫いだ。袋を縫う場合、普通、生地表を内側に2枚重ねにして、端をミシンでガガガガガッとやるわけだが、針でちまちまやったので何時間もかかってしまった。それはまあいいのだが、でき上がった袋をひっくり返して表が外側に出るようにしてみると、縫い代の幅だけ小さくなるので、最初の3対2の美しい比率が崩れ、微妙に細長いものになってしまった。見ばえが悪いのでまた裏返して見た目だけは3対2の形状にしたが、どうも釈然としない。実際に自分でやってみると、こまごましたところに気づいて、おもしろいと言えばおもしろいが、腹が立つと言えば腹が立つ。
・作業がどんどんめんどくさくなってくる。目新しいことをやらなければ志気が保てそうにない。3-3の温度が安定してしまったことだし、油漬け煮干投入による温度変化試験でもやってみるか。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)11 - rooksnake

2009/12/06 (Sun) 20:45:04

12月6日(日)
11:15 室温16℃
1-3→28℃(投入なし。攪拌なし)
2-3→24℃(投入なし。攪拌なし)
3-3→26℃(投入なし。攪拌なし)
鉢3→22℃(投入なし。攪拌なし)
16:40 室温16℃
1-3→26℃(投入なし。攪拌なし)
2-3→不明(ゴミ・ヌカ投入→23℃)
3-3→26℃(投入なし。攪拌なし)
鉢3→22℃(投入なし。攪拌なし)
20:20 室温15℃
1-3→24℃(投入なし。攪拌)
2-3→22℃(ゴミ投入。攪拌)
3-3→25℃(投入なし。攪拌)
鉢3→22℃(砂糖添加。攪拌)

※メモ
・現役世代の袋をがちがちに縛ると、何かと手間がふえて煩わしい。そこで、内側の袋は切れ込みのやや下にあるひもで縛るだけにした。これは袋を逆さにしたとき口のところまで土が行って袋上部を汚すのを防ぐためである。外側の袋は口のところを、賞状を巻くような感じでくるくる巻くだけにした。今のところこれだけで虫対策としては十分であろう。問題が出ればまた検討する。


12月7日(月)
01:10 室温15℃
2-3→20℃(測定後ゴミ・ヌカ投入。攪拌)

※メモ
・ゴミとして煮干の油漬けが出たので2-3に投入した。2-3は低温状態が続いているが、これで上昇に転ずるかどうか経過観察。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)12 - rooksnake

2009/12/08 (Tue) 23:47:01

12月8日(火)
16:00 室温15℃
2-3→23℃(ゴミ・砂糖投入。攪拌)
22:40 室温14℃
1-3→21℃(水・砂糖添加。攪拌。袋3枚重ね→ベランダ)
2-3→26℃(投入なし。攪拌)
3-3→23℃(投入なし。攪拌)
鉢3→17℃(投入なし。攪拌)

※メモ
・室外試験開始。予備実験として、水・砂糖を添加して攪拌し、3枚重ねにしてベランダにつり下げてみた。これで温度が上がるかどうか経過観察。
・ウェブで土のう用「厚地麻袋 紐付き 60cm×50cm」購入(株式会社くまがい製。5枚入り1,150円、送料525円、計1,675円)。大き過ぎるので縮むのを期待して洗濯してみたところ58cm×48cmになった。これが乾いたら本格的に室外試験開始。現役世代の袋以外は室外に置いてみることにする。やはりにおいが気になる。

ダンボール・コンポスト(麻袋編)13 - rooksnake

2009/12/10 (Thu) 07:13:14

室外温度変化
日時___外__1-3__3-3
_______(三重)(一重)
12月9日
03:00_09℃_19℃
06:00_08℃_19℃
08:10_09℃_13℃
11:00_10℃_13℃
12:10_10℃_13℃_21℃(室外直後)
14:50_12℃_14℃_16℃
17:00_11℃_14℃_14℃
19:00_10℃_14℃_13℃
12月10
00:00_10℃_11℃_09℃
02:00_10℃_10℃_08℃
06:10_10℃_09℃_08℃

室内温度測定
12月10日 室内14℃
2-3→25℃
鉢3→19℃

※メモ
・袋をベランダの物干しにつるしてみた。1-3は三重の袋、3-3は一重の袋。外気温はベランダの床付近。袋の温度はベランダの床上約1.5m。
・どちらの袋も外気温と同レベルまで落ちた。同レベルになるまでの時間は、三重の袋で約1日、一重では約半日。
・菌自体の発熱で温度をある程度保つかと思われたが、吹きっさらしの状態では温度を保てないようである。ビニールハウスなり段ボール箱なりに入れて空気の流れをある程度抑制すれば保てるのかもしれない。それとも15℃前後が活動の限界で、外気が15℃から大きく離れると活動停止に陥るのか。室内14℃が続いても袋や鉢は20℃前後を保っている。これをどう考えるのか。要検討事項。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.